MAORI  

マオリは、アオテアロア(ニュージーランド)にイギリス人が入植する前から先住していた人々のことを指します。マオリ人の人口は 50 万人以上であり、これはニュージーランドの全人口のおよそ 15% に相当します。しかしこの割合にはヨーロッパ系ニュージーランド人との2世・3世を含んでおり、純粋なマオリ人となると非常に少ないと言われています。

マオリの言語や文化はニュージーランドの中に深く溶け込んでおり、ニュージーランドで生活をすればいたるところで、マオリ文化を目にしたり、耳にします。

マオリの人々は誇りと尊敬、忠誠心と協力を信条としており、マラエと呼ばれる集会所を中心に社会が形成されています。マオリの地域社会では、現代においても伝統が受け継がれています。古くからの文化や伝統を大切にし、次世代へと受け継ごうとしているのです。

日本でも有名なHAKA(ハカ)

元々はマオリ族の戦士が戦いの前に、手を叩き足を踏み鳴らし自らの力を誇示し、相手を威嚇する舞また、歓迎の挨拶などでも踊ります。今は、ラグビーニュージーランド代表(オールブラックス)が国際試合前に舞う民族舞踏として有名です。

選手は、基本的にマオリの血をひく選手がリーダーとなって、試合前に「カマテ」を踊ります。カマテは、200年ほど前にある部族の族長が舞ったものといわれています。

もともと、「カパハカ」は、マラエなどで披露されるものです。「カパ」とは、一列に並び立つこと、「ハカ」は踊るという意味。部族ごとにさまざまなハカがあり、部族のプライドをかけて、マオリの戦士が出陣の前に自らを鼓舞し、相手を威嚇するために踊ります。全身を使い、歌いながら手を打ち、足を踏み鳴らし、時に大きく目を見開き、舌を出したりもします。とても激しい、荒々しさに満ちた踊りです。さらに、ハカは和平を結ぶ時にも披露される踊りでもあります。現代においても、客人を歓迎する儀式として、お祝い事の儀式として、ハカは敬意をもって行われています。

1/2

​【REWAREWA HONEY 生産者のブレンダさん】

 とってもキュートな女性です。

​【マオリの人々が住む広大な大自然】

THE INDIGENOUS PEOPLE OF NEW ZEALAND~